10月06日【視察】港湾空港技術研究所
20081006.jpg
 神奈川県の久里浜にある港湾空港技術研究所を視察しました。様々な実験施設がありましたが、やはり最新の津波研究がもっとも気になりました。写真は津波の破壊力についての実験です。さほど高くもない波が音も立てずに迫ったかと思うと、奥に設置された20ミリのベニヤ板に衝突し、写真のような水柱が上がりました。津波の威力のすさまじさが身にしみて分かりました。
 また最新の津波対策について尋ねたところ、津波が発生した場合、あらかじめ海中に沈めていた直径3メートルの円柱状の鋼管を、おもりから解放することで浮かびあがらせ、それにより津波の威力を減衰させるというものがあります。いつ南海地震が起こるかわからない現状で、甚大な被害が予想される浦戸湾周辺等にもぜひ設置していきたいと考えています。津波・地震対策は何にもまして必要です。国土交通部会長として、高知のためにこれからも責任をもって対策に取り組んでいきます。

過去の記事


添付ファイル: file20081006.jpg 684件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-12-01 (月) 09:49:43 (3583d)